川連漆器(かわつらしっき)
森の恵み

取扱商品は全て天然木・本漆塗です。
漆器の自然の風合いをお楽しみください。

川連漆器について会社案内ご利用方法お問い合わせ»買い物かご

伝統の川連漆器

デザイン漆器

川連漆器について

川連漆器は、秋田県の南端、湯沢市川連町に受け継がれる伝統工芸品です。今から約八百年前鎌倉時代(1193)に、この地の城主だった小野寺重道の弟・道矩が、奥羽山脈の豊富な木材と漆を利用して、家臣の内職として武具に漆を塗らせたのが始まりと言われています。
本格的に漆器作りが始まったのは元和(1615)から元禄にかけての頃で、椀師稼業を営んだという記録が残されています。江戸時代中期(1815)になると、他国にも販路が開かれ、以来、藩の保護政策のもとに椀や膳、盆、重箱など幅広い漆器が作られるようになりました。
一つ一つ手づくりで、堅牢で実用的な漆器を作り続けたことで、昭和51年、川連漆器は国の伝統的工芸品に指定されました。今では、全国でも有数の漆器産地として成長を続けています。
 

製法の特徴

漆器作りは、主に木地作り、下地作り、塗り、加飾と4つの工程から成ります。とくに下地作りは、木地を丈夫にする大切な作業で、一般的に丈夫な漆器には「本堅地」や「渋下地」の下地法が用いられています。本堅地は、生漆に水で練った地の粉という土の粉を混ぜたものを塗り、乾いたら研ぎ、また塗るという作業を繰り返すもの。一方、渋下地は、生漆の代わりに柿渋汁、地の粉の代わりに炭粉を使うもので、本堅地より値段を抑えることができます。

川連漆器(かわつらしっき)の下地法は、渋下地の中でも特にその丈夫さから「堅地仕上げ」といわれる技法。柿渋汁にホウやヤナギなどを焼いた炭粉を混ぜたものを塗り、乾いたら研ぎ、続いて生漆を塗る、という「地塗り」を数回繰り返すもの。水を一切使わないため、木地がゆがみにくく、本堅地に並ぶ丈夫な下地になります。

普段使いするには、丈夫で使い勝手が良く、さらに手ごろな値段であることも大切。「堅地仕上げ」は、川連の作り手たちのそうした漆器作りの姿勢を象徴しています。

地塗りの後は、中塗、上塗を6~7回繰り返して完成となりますが、仕上げには「花塗」と「呂色塗」の2種類の技法が用いられます。花塗は油分を含んだ朱漆か黒漆を塗り、そのまま乾燥して仕上げる方法で、しっとりと美しいツヤが得られます。呂色塗は油分を含まない黒漆を塗り、乾燥後に磨いてツヤを出す方法。川連の呂色塗は、下塗や中塗に生漆から水分を取り除いた素黒目漆を塗るため、研ぎすまされた中にも、どことなくやわらかな雰囲気が漂います。

美しい塗り肌の無地の製品を中心に、蒔絵や沈金を施した華麗な製品、現代感覚のイタリアデザイン漆器など、日常生活に潤いを与える川連漆器の豊かな世界を味わってください。

包装・のし書き

商品に名入れ

送料・お届け

●無料サービス
※買い物かごのご注文フォームでご指定いただけます。

●表題と氏名/1箇所540円
※文字数が多い場合は別途お見積り。
※塗色に映える色でお書きします。

●お買上8,000円以上送料無料
※8,000円未満は地域別送料
●約1週間前後でお届けします。

ご希望がございましたら、ご注文フォームの連絡欄にご記入ください。

お手入れ方法うつわの選び方漆器用語集特定商取引表示

LIVING DESIGN TAKEDA
有限会社タケダデザイン

©TAKEDA DESIGN Co. All right reserved.