logo

大曲の花火 2017 詳細 ▶︎

phtop

ブルーノ・タウトが絶賛した
丸子橋からの風景

大曲は小さな町である。ここに着いた時はもう夜半の12時に近かった。横手と同じく雪が降り積もっている。家の形は秋田風だ。最も美しいのは、橋の上から見た素晴らしい月夜の景色だ。これは景色でなくて本当の絵そのものだ。私は未だかつてこんな美しい雪景色を見たことがない—(ブルーノ・タウト「日本美の再発見」より)

建築家ブルーノ・タウトは、1933年53歳のときにドイツより亡命し来日。大曲に訪れたのは1936年2月7日の事でした。これは、ブルーノ・タウトが絶賛した、丸子橋から大平山を望む風景です。

大曲の花火は、当時この場所で打ち上げられていました。

建築家ブルーノ・タウトが絶賛した風景での大曲の花火(昭和38年頃のイメージ)

由来と歴史

 大曲で花火を打ち上げた歴史は古く、文献上では大曲に花火らしきものが初見されるのは、菅江真澄著の「月の出羽路」の大曲の項に描かれている民俗行事「大曲の郷の民流」の挿し絵にあります。
「月の出羽路」は文化・文政期に書かれた地誌ですが、その挿絵に、丸子橋の上を行く眠り流しの灯篭の群とともに、後方の川原で打ち上げられている狼煙(初期の花火)が描かれています。
 資料はありませんが、伝えによると、当時、大曲は米産の中心であり、雄物川を利用した米・日用品・海産物などを満載した船便の発着する川港としても栄えていました。それにより、有力な地主・商人の繁栄も見え始めました。
 船の発着場周辺には豪商が軒を連ね、歓楽街・繁華街が形成され、商人の接待、また行事や祭などで、連日のように花火が打ち上げられるようになりました。これには、常盤から秋田藩へくら替えとなった佐竹の殿様に随行していた花火師が雄物川の氾濫で六郷に足留めされた際、地元の美人娘と恋におち、この地に住み着いたため、この大曲・仙北を中心に花火の技法が伝わったと言われており、需要に応える下地となっていったようです。

phgaiyou2 「大曲の花火」は、明治43年(1910)8月26日・27日に、諏訪神社において六県煙火共進会として開催されたのが始まりです。そして、大正4年にはそれまでの奥羽六県の大会から「全国花火競技大会」と名称を変更し、大会の規模の拡大とレベルアップが図られ、花火業者は毎回新しい技術を取り入れながら、錬磨し、競い合ってきました。途中、戦争のため一時中断はあったものの、今日にいたっています。

昭和6年花火大会の宣伝隊/高柳政治著「あの頃あの時」より

m8LDT INTERIOR SHOP 森の恵み
北海道や北東北は、豊かな自然に恵まれ、優れた家具工芸職人を培ってきた歴史があります。長い時間をかけて森が育てた木だから大事に使いたい、ごく自然にそう思える家具や工芸品を紹介しています。

秋田の漆芸 川連漆器
phall1

秋田の工芸 樺細工
phall2

秋田の名所 角館の魅力phall4

Copyright 2017 LDT Co. All rights reserved.