インテリアショップ 森の恵み
角館の魅力
角館の桜皮細工
秋田杉 曲げわっぱ
秋田・稲庭うどん
大曲の花火

角館の魅力トップ >

四季彩の城下町 秋田県・角館(かくのだて)

角館 武家屋敷通り
しだれ桜の武家屋敷 新緑の武家屋敷 紅葉の武家屋敷 しだれ桜の武家屋敷

しだれ桜の武家屋敷通り

新緑の武家屋敷通り

紅葉の武家屋敷通り

初雪の武家屋敷通り

角館(かくのだて)の魅力!
観光・桜まつり・紅葉武家屋敷・町並み歴史お祭り樺細工伝承館・平福記念美術館・新潮社記念文学館・伝統工芸品&アート。

旅情ひとしお、四季彩の城下町

山と川、静かなたたずまいの武家屋敷、寄り添うように四季を彩る枝垂れ桜。そして商家の土蔵。伝統の樺細工(桜皮細工)秋祭り(山ぶつけ)。角館はときを超えて歴史の香るまち。訪れた季節ごとに様々な表情をみせてくれます。文化財も数多く、町全体が貴重な歴史遺産です。そんな角館の魅力の一部をご紹介します。

角館の武家屋敷は、うっそうと茂る木立に囲まれて、敷石と土間の感触が心地よく、苔むした庭石や楓、桜の折々の表情は、枝垂桜のふるさと、京都をわせます。
侍が住んでいた頃は、すべての樹木はまだ若く勢いよくすくすく伸びていたことでしょう。城下町の歴史は、これらの樹々の年齢とほぼ重なり合っています。
しばし縁側に腰をかけ、しだれ桜や桂の古木と対話したくなってきます。真っ平らな舗装道の両側には黒板塀が続き、現代と昔の境界線のようです。
右に左に折れると、袴姿の侍がいまにも現れそうな気配を感じます。

角館 桧木内川堤の桜 スライドショー
角館 武家屋敷の桜 スライドショー

城下町「角館」 

四百年の歴史を語る武家屋敷通り。

城下町の面影を今も色濃く残すみちのくの小京都「かくのだて」。角館駅から徒歩約13分で深い木立と両側に武家薬医門が連なる武家屋敷通り

口」に辿り着きます
通りには、3,000坪を超す歴史村・青柳家もあります。

TOP・角館の自然角館の町並み角館の歴史角館の祭り工芸&アート

「角館の魅力」 文と構成/LDT 角館に関するお問い合わせは 仙北市観光商工部観光課TEL0187-43-3352 まで