インテリアショップ 森の恵み
角館の魅力
角館の桜皮細工
秋田・稲庭うどん
大曲の花火

角館の魅力トップ角館の町並み > 武家屋敷6題

武家屋敷

角館の武家屋敷 石黒家
角館の武家屋敷 石黒家

武家屋敷通りの北端に位置する石黒家は、角館の武家屋敷のなかで、現存する最も古いものです。モミや枝垂れ桜など樹齢250年を超える深い木立ちのなかに、江戸時代そのままの姿で主屋、門、塀、土蔵などが保存されています

薬医門には文化6年(1809)4月27日と書かれた矢板があり、道路側にはのぞき窓を付けた黒板塀をめぐらしています。門を入ると、起こり破風に懸魚のついた正玄関と脇玄関があり、二つの玄関を持つのは身分の高い武士の家でした。石黒家は、佐竹北家の用人を勤めた家柄で、財用勘定といった財政面の役職についていました。

主屋の建築年代は、薬医門より以前であることは確実で、18世紀から19世紀にかけての頃と推定されています。屋根は萱葺きで、庭には水に見立てた苔が緑にしたたり、簡素なたたずまいのなかに武家の格式を漂わせています

角館の武家屋敷 石黒家 角館の武家屋敷 石黒家

実際に座敷に上がって見学でき、係員が内部の案内・解説をしています。明治・大正期に増改築した蔵を展示室として「解体新書の挿絵」などの古文書や江戸末期の町割り絵図、雪国の生活道具など、貴重な資料も見ることができます

〒014-0331 秋田県仙北市角館町表町下丁1
TEL 0187-5
5-1496
AM9:00--PM5:00 定休日なし
大人300円 小・中学生150円

武家屋敷 

▶ 角館 城下町の風情
▶ 角館の武家屋敷 6題

▶ 角館の社寺めぐり

「角館の魅力」 文と構成/LDT 角館に関するお問い合わせは 仙北市観光商工部観光課TEL0187-43-3352 まで