インテリアショップ 森の恵み
角館の魅力
角館の桜皮細工
秋田・稲庭うどん
大曲の花火

角館の魅力トップ角館の町並み > 武家屋敷6題

武家屋敷

角館の武家屋敷 岩橋家

角館はしばしば火災の発生で多くの家屋が類焼しました。特に明治33年の大火では262戸を失くしますが、このとき、東勝楽町で焼失を免れたのが岩橋家と河原田家です。岩橋家の屋根は、もとは萱葺きでしたが、明治30年頃に木羽葺きに替えたおかげで、大火でも焼けなかったといわれています。以後、内町の屋敷は木羽葺き屋根が主流となりました。屋敷内には栗、赤松、山モミジなどの樹木が多く、なかでも樹齢250〜260年と推定され柏の巨木は、秋田県内でも非常に珍しいといわれています。岩橋家は会津からの芦名氏譜代の家臣でしたが、主家の浮沈の運命に翻弄されながら、佐竹北家の組下となり、禄高も減少しましたが、屋敷の広さはほとんど変化しておらず、上級武士の家の様式をとどめています
「たそがれ清兵衛」撮影場所

角館の武家屋敷 岩橋家

〒014-0325 秋田県角館町東勝楽丁3-1
TEL 0187-54-
3257
AM9:00--PM4:30 定休日なし
入館:無料

武家屋敷 

▶ 角館 城下町の風情
▶ 角館の武家屋敷 6題

▶ 角館の社寺めぐり

「角館の魅力」 文と構成/LDT 角館に関するお問い合わせは 仙北市観光商工部観光課TEL0187-43-3352 まで