カリモク家具スペシャルショップ
カリモク モダンスタイル
LDT タケダデザイン
カリモク コロニアル シリーズ

カリモク家具 MODERN《モダンスタイル》

styimg2

使用上の注意

  • 家具は、平らな場所で水平になるように設置してください。水平が保たれずに設置されると、転倒や歪み、可動部の不良の原因になります。
  • 家具を移動させる際は、床面を引きずらないでください。大人2人以上で、底部から全体を持ち上げるように運んでください。
  • 直射日光が当たる場所や冷暖房器具の近くなど、高温・湿気・乾燥の著しい場所での使用は避けてください。製品の変形、カビの原因になります。
  • 家具の近くで、ストーブや照明器具などを長時間使用すると低温発火の原因となることがあります。
  • フローリングや畳などキズつきやすい床では、敷物を敷いて使用してください。特に、クッションフロアの場合、接触する家具の木部塗料と化学反応をおこし、床を汚すことがありますので注意してください。
  • 床のキズつきを防ぐため、キャスター付き家具は敷物を敷いて使用してください。
  • 家具を乱暴に取り扱ったり、用途以外に使用しないでください。特に、お子様ひとりでの使用はさせないでください。
  • 組み立て式の家具は、製品に同封の組立て説明書にしたがって、順序よく、確実に組み立ててから使用してください。
  • 脚、ネジ、金具類などに緩みやグラツキがないか、ときどき点検してください。緩んでいる場合には、早めに締め直すか、販売店までご相談ください。
  • 商品を改造したり、部品が外れたままで使用しないでください。部品に不良が発見された場合には、直ちに使用を中止し、販売店までご相談ください。
  • 購入直後は、家具に施した防虫剤や接着剤などが若干臭うことがあります。人体には無害ですが、換気を十分に行ってください。
  • 家具に家電製品などを収納する際には、十分なすき間をとり、通気をよくしてお使いください。すき間をとらずに使用されると、家電製品の発熱による火災や故障の原因になります。
  • 家具に付属のコンセントは、表示ワット数以下でご使用ください。表示ワット数を超えて使用されると、火災の原因になります。また下記の家電製品は家具のコンセントにつながず、壁のコンセントを直接ご使用ください。 (暖房器・掃除機・アイロン・ドライヤー・電子レンジ・オーブントースター・電磁調理器等)

椅子類

デスク・テーブル類

  • 椅子を踏み台代わりにするなど、座る目的以外では使用しないでください。転倒し、ケガや破損の原因になります。
  • 椅子の上に立ったり、飛び跳ねたりしないでください。
  • 座った状態で、椅子を傾けないでください。●肘部や背もたれの上に腰掛けたり、乗ったりしないでください。
  • 回転機能が付いた椅子は、椅子の中央に腰掛けてください。不安定な姿勢で座ると、転倒や金具の破損の原因になります。
  • 素肌では座らないでください。特に、濡れた身体で座ると、張地の劣化を早め、カビや汚れが生じる原因になります。
  • 籐は天然素材のため、ケバ・ささくれなどが起こることがあります。そのまま使用されますとケガや衣服を傷めることがありますのでご注意ください。
  • 麻・綿等の天然素材を使用した布地は、汗や湿気により、色移りする場合がありますのでご注意ください。
  • ドライクリーニングされる場合は、クリーニング可能な製品かよくご確認の上、必ず専門業者にご依頼ください。また縮みの原因になりますのでタンブラー乾燥はしないでください。
  • 打ち込み式フェルトを脚に取り付けられる場合、木目方向により、打ち込み時に脚が割れることがございます。お客様責任にて打ち込みをご判断ください。また打ち込まれる際は、軽く徐々に打ち込んでください。
  • 天板の上に立ち上がったり、腰掛けたりしないでください。転倒し、ケガや破損の原因になります。
  • 天板の上に、熱い物や底のザラついた物を直接置くと、塗装面の変色やキズの原因になります。また、ビニールやガラスを長時間、直に載せておくのも塗膜や木部によくありません。
  • 引出しを引き出した状態で、上から押さえたり、重いものを載せたりしないでください。転倒や破損の原因になります。
  • 欠けたり、キズの入ったガラスは強度が低下し、破損したりケガをする恐れがあります。販売店までご相談ください。
  • キャスターや折りたたみ金具など、可動部のすき間に手や指を入れないでください。
  • 木部に塗装された表面で、紙の上でボールペンなど先端の硬いもので文字を書いた場合、塗装面がキズになる場合がありますのでご注意ください。

小物類

  • 天板の上に立ち上がったり、腰掛けたりしないでください。転倒し、ケガや破損の原因になります。
  • 天板の上に、熱い物や底のザラついた物を直接置くと、塗装面の変色やキズの原因になります。また、ビニールやガラスを長時間、直に載せておくのも塗膜や木部によくありません。
  • 引出しを引き出した状態で、上から押さえたり、重いものを載せたりしないでください。転倒や破損の原因になります。
  • 欠けたり、キズの入ったガラスは強度が低下し、破損したりケガをする恐れがあります。販売店までご相談ください。
  • キャスターや折りたたみ金具など、可動部のすき間に手や指を入れないでください。
  • 木部に塗装された表面で、紙の上でボールペンなど先端の硬いもので文字を書いた場合、塗装面がキズになる場合がありますのでご注意ください。

箱物(キャビネット)類

  • 天板などには、不安定な物や重い物を載せないでください。
  • ワゴンを移動させる際は、倒れやすい物を取り除いてください。転倒し、ケガや破損の恐れがあります。
  • ポールスタンドに物を掛ける際は、倒れないように掛けてください。支柱やフック金具にぶら下がったり、無理な力を加えないでください。
  • 電子レンジや炊飯器など消費電力の大きい家電製品は、家具に付属のコンセントを使わずに、壁から直接電源をとってください。

お手入れ方法

木部

合成皮革

  • ふだんは、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。汚れが目立つ場合は、お湯で薄めた中性洗剤で軽く拭き取り、その後よく水拭きしてから、柔らかい布で乾拭きしてください。
  • 化学ぞうきんは使用しないでください。塗装面のツヤが消えたり、シミになる場合があります。
  • 虫害を発見した場合は、直ちに殺虫や防虫処理をしてください。放置すると虫害が拡大する恐れがあります。
  • ふだんは、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。
  • 飲み物や食べ物の汚れがついた場合は、お湯で薄めた中性洗剤で軽く拭き取り、その後よく水拭きしてから、乾拭きしてください。
  • 汚れ落としには、推奨のクリーナーでお手入れすることをお勧めします。
  • ビニール製品などを長時間重ねたままにすると、変色の原因になりますので注意してください。また化学ぞうきん・ベンジンやアルコールを含む溶剤・ウェットティッシュなどは、色艶の変化や軟化の原因になりますので使用しないでください。

革張地

  • 日常のお手入れは、柔らかい乾いた布で軽く拭いてください(化学ぞうきんなどは使用しないでください)。
  • 革の保護・汚れ落としには、推奨のレザーメンテナンスキットでお手入れすることをお勧めします。 ※必ず目立たないところでプレテストを行ってからご使用ください。
  • ビニール製品などを長時間重ねたままにすると、変色の原因になりますので注意してください。
  • 靴用クリーム、溶剤(シンナー、ベンジンなど)、車・床用ワックスは使用しないでください。整髪料も革を傷めますので、ていねいに拭き取ってください。
  • シート及び背もたれが置きクッションの仕様は、1回/月程度ファスナーを開け、日陰干しを行い(2時間程度)、両手で叩くようにしていただくと、クッション材が復元します。その際ファスナーの開閉に十分注意してください。
  • 特定の箇所を長期間ご使用いただくと集中して消耗しますので、座られる場所を定期的に変える ことをお勧めします。

布張地

  • 定期的に掃除機でゴミを吸い取るか、軟らかいブラシでブラッシングしてください。
  • 飲み物や食べ物の汚れがついた場合は、お湯で薄めた中性洗剤で汚れを落とし、固く絞った蒸しタオルで洗剤分をよく拭き取り、乾拭きしてください。(吸水性のある布でやさしく拭き取ることがポイントです。)なお、毛足のあるパイル織りは、パイルが起きないことがありますので、ご了承ください。
  • 布の保護・汚れ落としには、推奨のメンテナンスキットでお手入れすることをお勧めします。
  • ドライクリーニング可能なカバー類は、必ず専門業者に型崩れを防ぐため吊り干しではなくスクリーン乾燥(平干し)をご指定の上、ご依頼ください。縮みの原因になりますのでタンブラー乾燥はしないでください。

プラスチック・金属部

  • 取っ手や蝶番など、金具類の表面には、サビや変色を防ぐための塗装を施しています。ふだんは、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。
  • 汚れた場合は、お湯で薄めた中性洗剤で軽く拭き取り、その後よく水拭きしてから、乾拭きしてください。金属部には、さらに潤滑油を薄く塗って、そのあと柔らかい布で軽く拭き取ってください。扉の蝶番金具には、半年に1回程度は、可動部に少量の潤滑油を差しておくと、スムーズな動きが保てます。

サイトマップ

カリモク モダンスタイル
MODERN