インテリアショップ 森の恵み
角館の魅力
角館の桜皮細工
秋田・稲庭うどん
大曲の花火

角館の魅力トップ工芸&アート > 角館のクラフト

角館のクラフト(伝統工芸品 樺細工/桜皮細工)

樺 細 工(かばざいく)

角館の伝統工芸品「樺細工」は、山桜の樹皮でつくられます。
山桜は、開花と同時に葉も芽吹くことから縁起のいい木とされ、その樹皮でつくる樺細工は、嫁入り道具としても愛用されてきました。
角館の樺細工(かばざいく)の始まりは約

200年前で、武士の手内職として発達しました。山桜の表皮を剥ぎ、薄く削ってニカワとコテで張り合わせる。それに細工を施して筒形や箱形の木地に張り付け、茶筒、煙草入れ、硯箱など様々な製品になります。光沢のあるアメ色の木肌に渋さを感じるクラフトです

イタヤ細工

イタヤ細工

イタヤ細工はイタヤカエデの若木の幹を帯状に裂いて編んだものです。箕やカッコベ(腰につけるカゴ)、花カゴなどがあり、それぞれに編み方が違います。寛政年間(1970年頃)農村に始まり、農家の必需品として使われてきました。現在は装飾品として愛好されています。

白岩焼

白岩焼(しらいわやき)

白岩焼は、明和8年(1771)相馬の浪人 松本運七が角館白岩に流れつき、藩の御用窯を築いたのが始まりです。明治29年大地震に遭い途絶えますが、昭和49年に人間国宝 浜田庄司の助言を得て復活し、新白岩焼が誕生しました。

角館樺細工伝承館

かくのだて かばざいく伝承館

仙北市角館町表町下丁10-1
TEL 0187-54-1700
AM9:00--PM5:00 定休日なし
大人300円 小・中学生150円

国の伝統工芸品に指定された桜皮細工(樺細工の技術保存と、その振興をはかるために昭和53年建設されました。館内では樺細工の製作実演が行われ、展示資料室には樺細工製品をはじめとする伝統工芸品や絵画、武具なども展示されています

▶ 樺細工(桜皮細工)・工芸品
▶ 美術館・記念館で過ごす

角館樺細工伝承館 

PR 角館の「おみやげ」

kaba5

伝統工芸品 樺細工/桜皮細工

樺細工(かばざいく)スペシャル ショップ

伝統工芸品 【樺細工 / 桜皮細工 / かばざいく】
茶筒・茶道具やテーブルウェア・インテリア用品。伝統工芸士のつくる逸品からモダンデザインなど
豊富な品揃えの「桜皮細工通販」です。

●旅先からもスマートフォンで注文できます

販売:LDT

「角館の魅力」 文と構成/LDT 角館に関するお問い合わせは 仙北市観光商工部観光課TEL0187-43-3352 まで