インテリアショップ 森の恵み
角館の魅力
角館の桜皮細工
秋田・稲庭うどん
大曲の花火

角館の魅力トップ角館の歴史 > 歴史と町割り

歴史と町割り

角館 古城山 佐竹北家の鎧
角館町屋敷割古絵図・亨保年間

角館の古代生活についてはまだはっきり分かっていません。縄文遺跡は多く確認されていますが、発掘は進んでいないようです。白岩地区から出土した焼き物は平安時代の須恵器で、のちの白岩焼(角館の伝統陶芸)にさきがけて、同地区で早くから陶器がつくられていたことを物語っています。城下町としての角館は中世末期、戸沢盛安によって創建されました。古城山に館を置き、その北側の山麓に城下町を築きました。しかし、戸沢氏が国替えとなり、あとについた芦名義勝の代には、その地が不利のため改めて元和6年(1620)に古城山の南側に新城下町を建設しました。当時は徳川幕府の体制の基礎づくりの時期で、元和6年は一国一城令が出された年でもあり、新城下町の造成は急を要したと思われます

やがて芦名家は断絶、明暦2年(1656)久保田城主佐竹氏の一族北家の佐竹義隣が「所預り」として角館を支配しました。以降、明治の廃藩に至るまで、北家は11代200年余続くことになります。北家初代義隣と二代目義明の妻が京都の公家の出身だったため、京文化も色濃く伝えられ、角館は城下町・宿場町として仙北地方の政治・経済・文化の中心地として栄えました。慶応4年(1868)戊辰戦争がはじまり、角館の岩瀬川原も戦場となり維新政府軍と旧幕府軍の激戦の末、明治維新を迎えることになります

明治22年、城下町は岩瀬村と合併して角館町になり、さらに昭和30年に中川村、雲沢村、白岩村が合併し、新しい角館町が発足しました。現在、町の主要な産業は米作と桜皮細工ですが、文化財・史跡を生かした観光も町の基幹産業になっています

角館町屋敷割古絵図・亨保年間

上半分のグリーンの部分は内町。
佐竹藩主より角館を任された芦名家中の侍が居住ピンクの部分は外町(町人町)
右下のグリーンの部分は田町。
佐竹藩から配置された直臣の武士団(今宮家臣団)が居住
寺社・仏閣
道路

▶ 角館の歴史と町割り
▶ 古城山より城下町を望む

「角館の魅力」 文と構成/LDT 角館に関するお問い合わせは 仙北市観光商工部観光課TEL0187-43-3352 まで