インテリアショップ 森の恵み
角館の魅力
角館の桜皮細工
秋田・稲庭うどん
大曲の花火

角館の魅力トップ角館の町並み > 武家屋敷6題

武家屋敷

角館の武家屋敷 河原田家
角館の武家屋敷 河原田家

河原田家は、戦国時代に芦名氏の譜代として会津から角館へ移って本家100石、分家50石を拝領していました。芦名氏断絶後は佐竹北家の組下となりますが、幕末から明治にかけて分家が著しく発展し、明治24年に裏町からこの東勝楽丁へ移り住んだとあります。後に電気事業の草分けとなり、薬医門の表札の下に「電話一番」の古びた札がかかっています

現在の建物は明治中期に建てられたものですが、その間取りは武家住宅の形式を踏襲していて、屋敷の構成は藩政時代そのものです。主屋の屋根だけが町家風の切妻木羽葺なのは、防火対策のためのようです。閑静な緑の庭は、ひととき、外の喧騒を忘れてさせてくれます

角館の武家屋敷 河原田家

〒014-0325 仙北市角館町東勝楽丁9
TEL 0187-43-3384
AM9:00--PM4:30 定休日なし
入館:無料

武家屋敷  

角館の武家屋敷 河原田家

▶ 角館 城下町の風情
▶ 角館の武家屋敷 6題

▶ 角館の社寺めぐり

「角館の魅力」 文と構成/LDT 角館に関するお問い合わせは 仙北市観光商工部観光課TEL0187-43-3352 まで